connectFreeでできる!低レイヤ好きのためのIoT自作入門〜ハードウェア、プログラミング言語、OS、通信、全部作ろう!〜

はじめに

大体宣伝です。 でも、面白いと思うので見て行って下さい。

私事ですが、次男が産まれました。 さらに私事ですが、とうとうconnectFreeでも長男にあたるボードNET BOYが産声をあげました。

f:id:tomo-wait-for-it-yuki:20190523153932j:plain
NETBOY

低レイヤから全て自作するIoTへの挑戦が始まります。

どうして全て自作するの?アホなの?

アホだから、やるんだよ!

既存のものではconnectFreeの目指す社会にならないのです。 そして、プラットフォームの提供とサポートがconnectFreeのビジネスなのです。

で、connectFreeのビジネスって?

日本のITを低レイヤから支えます。 もう少し具体的には、プログラミング言語やOS、通信プロトコルというレイヤから自分たちで再構築し、そのサポートを行います。 低レイヤをしっかり支えることで、日本企業がビジネス領域に集中できるようにすることが、1つの目標です。

今、日本企業でそういうことができるところ、あまりない認識です。 結果、低レイヤがやりたい優秀なエンジニアが、外資の企業に流れてしまっているように見えます。

日本で、日本企業で、低レイヤがやりたい!という方々の受け皿になれるような環境を目指します。 将来的には、独自のSoCを起こしたいですし、Unikernelで組込みシステム開発したいです!!

何大口叩いているの?アホなの?

アホだから、やるんだよ!

通信(NET) meets 応用(BOY)

今回新しく産まれたNET BOYは、日本の製品がネットワークと出会えるようにするためのボードです。 つまり、既存のネットワーク接続できないインフラや製品に対して、セキュアにネットワーク接続する機能を提供します。

オープンハードウェアとしてNET BOYのインタフェース仕様を公開し、ネットワーク接続における新たな規格を制定します。 世の中の製品が、NET BOYのインタフェースを通じて、ネットワークに接続するプラットフォーム構築を目指します。

NET BOYにマウントする無線モジュールCFM808シリーズもconnectFreeで製造します。

f:id:tomo-wait-for-it-yuki:20190523203538j:plain
CFM808A1通信モジュール

connectFreeのビジネスとして、IoTプラットフォームは有力なユースケースの1つです。 NET BOYは40ピンインタフェースを保有しており、拡張カートリッジを通じて、既存のUART, SPI, I2Cなどで通信する機器にネットワーク接続機能を提供します。 ピン配置に決まりはなく、ソフトウェアで自由に定義することが可能です。

カメラ搭載カートリッジを作ってネットワーク版ポケットカメラにしたり、モーションセンサ搭載カートリッジを作ってコロコロカービィが作れるわけです。 セキュア通信、プログラミング言語、OSはconnectFreeが提供します。

アホなの?

アホだから、やるんだよ!

低レイヤサポート

connectFreeでは、NET BOY上で動作するプログラミング言語、OS、暗号通信ソフトウェアを提供します。 低レイヤが好きで、日本から世界を変えたいあなた!一緒にアホしません?

f:id:tomo-wait-for-it-yuki:20190523210013j:plain
アホだから、やるんだよ!

ちなみに両方共私ではありません。

connectFreeでは低レイヤを仕事にしたい人を募集しています。